トップページ > 消防設備点検

消防設備点検

1.点検依頼をする
ビル・建物のオーナー様、マンション管理組合様等から、当社に点検依頼をしていただきます。

2.点検をする
当社の優れた消防設備士が消火器や、火災報知器等の消防設備が、正しく動作するかを点検いたします。

3.点検報告書の作成
建物の消防設備が正しく動作しているか?
設置してある場所は適切か? 等の項目に従い、点検した結果を記した報告書をお客様に提出いたします。

4.報告書の確認と消防署提出
平成13年9月に消防法が大幅に改正され、新たに追加された制度です。
(平成14年4月26日法律第30号)
一定の防火対象物の管理について、権限を有する者は、防火対象物点検資格者に防火管理上必要な業務について点検を依頼し、その結果を消防長または消防署長に報告する義務があります。

5.不具合の改善のご提案/工事
不具合が発覚した設備については、改善のご提案をさせていただきます。あらためて作成したお見積りにご了承いただきましたら、改善工事をおこないます。当社では点検だけでなく、修理・維持・管理においても専門の有資格者が対応いたします。

mainFooter

消防設備等に関する届出等、着工届・設置届作成致します。
SEO対策 大阪インターネットショッピングモール 通販サイト